今日のあさイチ  お役立ち情報!

NHKのあさイチの暮らしの情報・特集についてまとめました。
スゴ技Q・JAPAなびを始め、主婦のみなさんのお役に立つ情報を簡略化しました。
セレブ誌「GOSSIPS」「GLITTER」
 
スポンサーリンク

2014年01月27日

東京の墓・納骨堂・墓石のことなら

今日のあさイチは「女の選択 “夫の墓”に入りたくない!?」
テーマは「私の墓」
既婚女性の59.1%が夫の墓に入りたくないというアンケートの結果でした。
ちなみに20年前は77%。
墓に対する価値観が変わりつつある感じです。

その理由は
「自分の知らない先祖と一緒に入りたくない」「夫のお墓がゆかりのない土地だからイヤ」「夫の家族が嫌い」「そもそも夫が嫌い」「自分の両親と入りたい」「墓を継ぐ人がいない」「子供に面倒かけたくない」
などなど。
愛するペットと一緒に入りたいというのもありました。

愛する夫とならいざ知らず、価値観の違う夫やその両親と死んでまで我慢するのは耐えられないという意見。自分の居心地が良いところ、自分のふるさとの墓に入りたいというのが本音らしい。
我が家の伝統、しきたりなどから、夫側は入るのが当たり前。
妻側はどうして一方的に旦那側に入らなきゃいけないの?と
夫婦間でかなりの価値観の違いがありました。

それらの問題を解決する新しい選択肢として両家墓が登場。
家族の背景を受けて現在増えているということです。

両家墓・お墓についての書籍です。





東京の納骨堂 情報です。
四谷にある東福院。位牌の後ろに骨壷を納骨する

「直接参拝式の納骨堂」でおひとり30万円〜。永代供養墓 6種類・永代使用墓 2種類があります。



東京都での納骨-赤坂浄苑/
都心の一等地・赤坂見附駅徒歩2分。
好立地の屋内陵墓なら-お仏壇のはせがわ
今なら資料請求だけで「失敗しないお墓選び」ガイドブックプレゼント!

お仏壇のはせがわ 赤坂浄苑




東京の納骨堂なら伝燈院麻布浄苑
www.dentouin.or.jp/
都心でも安心してお参りができる屋内陵墓
永代供養料(管理費込)で20万円から


増上寺 大納骨堂 (舎利殿)
4.14.09点 クチコミ:220件
アクセス:御成門駅[A1]から徒歩約5分


「クリプタ板橋セントソフィア」
(納骨堂 屋内霊園 室内墓地)
クリプタ板 東京都板橋区の室内霊園
アクセス:成増駅[北口]から徒歩約17分


大納骨堂 (舍利殿)
霊園, 葬祭業
3.73.7点 クチコミ:5件
アクセス:御成門駅から徒歩約5分


永代供養納骨堂 琉璃殿
綺麗!便利!安心!都営大江戸線「牛込柳町駅」徒歩2分、荘厳な光に包まれる「琉璃殿」は都心の新しいお墓のかたちです。


納骨堂/えにしの苑
霊園 ★3.93.93点 クチコミ:7件
アクセス:押上駅[A2]から徒歩約2分


納骨堂紹介センター
アクセス:若林(東京都)駅[出口]から徒歩約2分



納骨堂普及会
葬祭、仏壇(その他)
アクセス:新宿三丁目駅から徒歩約1分



納骨堂案内センター
霊園
アクセス:吉祥寺駅[公園口]から徒歩約5分



納骨堂サポートセンター
霊園
アクセス:大崎広小路駅[出口]から徒歩約3分


東京の納骨堂なら伝燈院麻布浄苑 | dentouin.or.jp
www.dentouin.or.jp/
都心でも安心してお参りができる屋内陵墓
永代供養料(管理費込)で20万円から


東京都心にあるお墓/納骨堂 | itsumo365.co.jp
www.itsumo365.co.jp/
目黒不動前5分。都心のお墓・納骨堂。
永代供養ならひかり陵苑/無料見学会


東京で人気の霊園は高島平浄苑 | e-reien.jp
www.e-reien.jp/
永代供養墓は35万円〜で年間管理費一切
不安なことはプロスタッフが解決!


お墓についての本

【送料無料】 建てるお墓 継ぐお墓 / 杉村和美 【全集・双書】
以上、ここまででした。

全国ネットで安心、墓石に関することなら
最低価格保証の墓石店 「石屋千鳥」全国ネット



今増えている両家墓とは
二つの家を一つのお墓に祀ったものです。昔からあるスタイルなのですが、あまり知られていないようです。

両家墓とは近年増えてきたお墓の種類の一つで、1つの墓所に夫婦両家の墓を建てたり、1つの墓石に両家の家名を入れたお墓です。

少子化の影響はお墓事情にも現れています。
子世代の夫婦が一人っ子同士であったり、孫世代が一人しかいなく両家のお墓を一緒にしなければならない必要性が出てきました。

両家墓が必要な方
● 一人っ子同士のご結婚で、ご夫婦それぞれの家の墓をお持ちの方(改葬)
● お墓を継承できる孫が一人しかいない

お墓を建てる時は両家のご親類などにも相談してから決めておいた方が良いでしょう。
posted by 朝一太郎 at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク