今日のあさイチ  お役立ち情報!

NHKのあさイチの暮らしの情報・特集についてまとめました。
スゴ技Q・JAPAなびを始め、主婦のみなさんのお役に立つ情報を簡略化しました。
セレブ誌「GOSSIPS」「GLITTER」
 

カテゴリー:料理

スポンサーリンク

2017年02月14日

あさイチ 時短カレーの作り方:飴色玉ねぎが10分、20分で煮込みカレーが!!

今朝のあさイチは飴色玉ねぎが10分、20分で煮込みカレーができちゃう時短カレーの作り方。
こんな簡単な作り方があったとは、目からうろこ!忙しい主婦のみなさんも大助かりですね!

10分で飴色玉ねぎの作り方
強火で焦げ目を出しながら一気に作ります。
1、みじん切りの玉ねぎをフライパンにかけ、強火で炒め初めはかき混ぜません。
2、しんなり火が通り、下の方に焦げ目ができたら、かきまぜて水を入れます。
3、水分を飛ばしながら強火で炒めながらかき混ぜます。
4、仕上げにもう一度水を入れ、水分を飛ばしたら完成。
90分炒めた飴色玉ねぎとほとんど差がなく、10分で時短飴色玉ねぎができました。

20分で作る時短煮込みカレー
1、通常より、やや小さめに材料を切ります。
2、炒めずにそのまま鍋に投入。
3、水ではなく昆布水(一晩漬け)を入れ、煮ます。
4、うまみと甘味とコクを出すために甘酒を300ml(4人分)入れて
5、豚肉、味噌、カレー粉を入れて一煮立ちすれば完成です。

火を使わないカレー
1、フードプロセッサーに材料(マンゴー、リンゴ、戻した杏、水気のないヨーグルト(ギリシャなど)、カレー粉)を入れて混ぜるだけ。
2、あったかいごはんにかけて出来上がり。

以上、今日のあさイチから、時短カレーの作り方でした。
「時短煮込みカレー」に「時短飴色玉ねぎ」を入れると更においしくいただけそうですね。
早速試してみようと思います!


posted by 朝一太郎 at 09:14| 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

あさイチ サクサク「カキフライ調理法」

今朝のあさイチは今からが旬の牡蠣、そのカキフライ調理法について

まずはカキの代表格「カキフライ」のおいしい調理法から

カキフライは衣が付きにくい、サクサクならない、身が縮んでジューシーさがなくなるなど主婦の皆さん苦手のようです。

カキフライの作り方 


1、身が縮まないカキフライのポイントは水で洗うのではなく、3%の食塩水の中でスプーンなどでやさしく洗うことです。真水で洗うと、浸透圧の関係でカキが水を吸収してしまい、揚げた時に縮んでしまいます。

3%の食塩水は1000mlの水に食塩30g入れるだけです。

2、次に衣にもポイントがありました。
パン粉が適度についてサクサクの衣になります「バッター液」を作ります。

バッター液の作り方


●卵...1個
●薄力粉...大3
●水...大1/2
をボウルに入れて混ぜ合わします。
カキをバッター液にくぐらせたら、生のパン粉の上に乗せ、絡めます。
この時パン粉を押し付けないようにやさしくつけてください。

カキフライの揚げ方 


175度の油で約2分半から3分程揚げます。器の大きさにもよりますが、5・6個まで入れて大丈夫でしょう。
理想は175度で入れ始め3分後に180度の間で揚げるように。

揚げあがりをすぐ食べるのではなく、数分中まで火が通るまで余熱調理するのが最後のポイントになります。

posted by 朝一太郎 at 09:47| 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク